工程図


節間40cm以上の3〜5年生の竹を
冬期にキズを付けないように切り出します


扇子の用途にあった長さに
そろえて切ります


扇の巾に合わせて1枚1枚同じ巾に
扇骨用に細かく割る


扇子の内側の竹の工程です


材料の竹を細かく割ります


カマに煮やしてから竹の表面を裏表削りとり規定の厚みにします


穴を開けます


包丁やノミ、小刀を使って形を整えます。だんだんと扇骨の姿に変わっていきます


竹を表に揃えて1枚ずつ細いさし棒に刺します。表に向けるのは磨きの工程のつやが違うからです


仲じまいなどの作業工程で形を整えた骨をさらに丁寧に仕上げます。これで中骨の生地の完成です


扇子の外側の竹の工程です


カマに煮やしてから竹の表面を削りとり規定の厚みにします


親骨の大体の形に整えます


あとで要となる部分に穴を開ける


竹材の表の薄い皮を取り滑らかにする作業です


包丁、ノミを使って胴の部分を滑らかにします


要の部分を磨き仕上げます


ここであらためて形を整えます


かなめより上部を滑らかにし丸みを付ける。これで親骨の完成です


沸騰した湯の中へ、漂白剤などを入れて
扇骨を約30分程煮ますと、
青味や汚れが取り除かれて
白身を帯びた色になります


石原や砂原に夏の間で約4日間、
冬には1週間〜10日間扇骨を干しますと
青味、水分が取れ、黄味を帯びた色に揃います


白干しで多少伸縮が出来たものを、
最終的に削り直します


親骨の表面を滑らかにするために
ペーパーで磨き、白干しの汚れを落とします


光沢を出すため、モーターで回転する
布を重ねた束で扇骨を磨く機械工程です


扇の紙入りやすい様に要部分の反対を
細く削り取ります


扇の規定の本数に合わせて不良品を取りながら
色合いを揃えていきます。
この時初めて1本の扇骨の姿になります


1本に揃えた扇骨に黒、白、青またはあめ色などの
ゴムで金具にはさんでとめます


親骨工程18工程、仲骨工程が16工程の
大変に複雑な工程を経て、出来上がった
製品を更に検品します


出来上がった製品は、京都へ80%その他
大阪、名古屋へ出荷され、一部は地元で紙を張り、
美しい日本の扇子となります